Pityriasis rosea - ばら色粃糠疹https://ja.wikipedia.org/wiki/ジベルばら色粃糠疹
ばら色粃糠疹 (Pityriasis rosea) は皮膚発疹の一種です。病変は、単一の赤いわずかに鱗状の領域から始まります。その後、数日から数週間後に、主に体幹と上肢に同様の、より小さい円形または楕円形の病変が多数発生します。通常、症状は 3 か月以内に持続し、治療なしで消えます。発疹やかゆみが始まる前に、倦怠感や発熱が起こることもありますが、他の症状がほとんどないこともよくあります。

原因は完全には明らかではありませんが、ヒト ヘルペス ウイルス 6 型またはヒト ヘルペス ウイルス 7 に関連していると考えられています。感染性はないようです。特定の薬によっては同様の発疹が生じる場合があります。診断は症状に基づいて行われ、通常は生検は必要ありません。

一般的な病気として、約 1.3% の人が何らかの時点で影響を受けます。 10歳から35歳までの年齢層に最も多く発生します。

診断と治療
症状が 1 か月以上続く場合は、他の病気(乾癬、梅毒)と区別するために詳細な検査が必要になる場合があります。

#Phototherapy
#OTC steroid ointment
  • ばら色粃糠疹 (Pityriasis rosea) 背中 ― かゆみを伴う薬疹とは異なり、無症状の斑点や斑点。
  • herald patch ― 他の病変よりも先に発生する大きな鱗状の斑点で、最初は真菌感染症と間違われます。
  • ばら色粃糠疹 (Pityriasis rosea) 胴体 ― 日光により病変が改善されるため、病変のほとんどは胴体にあります。
  • かゆみが強い場合は、nummular eczema などのアレルギー疾患が疑われます。
  • pityriasis rosea または guttate psoriasis
  • 小herald patch。
References Pityriasis Rosea 28846360 
NIH
Pityriasis rosea は、隆起した斑点や鱗屑によって特徴付けられる一時的な皮膚の状態です。通常、 herald patch として知られる 1 つのパッチから始まり、その後数週間にわたってさらに多くのパッチが表示されます。ただし、ばら色粃糠疹の患者全員がこの初期パッチを適用できるわけではありません。これらの斑点は、幹や上肢にクリスマスツリーに似た独特のパターンを形成することがよくあります。
Pityriasis rosea, also known as pityriasis circinata, roseola annulata, and herpes tonsurans maculosus is an acute self-limiting papulosquamous disorder. It is often characterized by an initial herald patch, followed by scaly oval patches within 2 weeks. However, the herald patch is not always present. The scaly oval patches typically distribute in a Christmas-tree pattern on the trunk and proximal extremities. This activity reviews the evaluation and treatment of pityriasis rosea and the importance of the interprofessional team in recognizing and managing patients with this condition.
 Gianotti-Crosti syndrome, pityriasis rosea, asymmetrical periflexural exanthem, unilateral mediothoracic exanthem, eruptive pseudoangiomatosis, and papular-purpuric gloves and socks syndrome: a brief review and arguments for diagnostic criteria 24470919 
NIH
 Pityriasis Rosea: Diagnosis and Treatment. 29365241
Pityriasis rosea は一般的な発疹で、通常は体幹の単一の斑点から始まり、体幹と四肢を覆うように広がります。診断は臨床検査に依存します。最初のパッチは赤色で、境界線が隆起し、中央がくぼんでいます。通常、発疹は約 2 週間後に現れます。患者は発疹とともに疲労、吐き気、頭痛、関節痛、リンパ節の腫れ、発熱、喉の痛みを経験することがあります。同様の症状には、梅毒、脂漏性皮膚炎、湿疹などが含まれます。治療は、コルチコステロイドまたは抗ヒスタミン薬で症状を軽減することを目的としています。アシクロビルが役立つ場合もあります。重篤な例では、UV 光線療法が有効な場合があります。妊娠中の病気が流産につながることもあります。
Pityriasis rosea is a common rash that usually begins with a single patch on the trunk and spreads to cover the trunk and limbs. Diagnosis relies on clinical examination. The initial patch appears red with a raised border and sunken center. The rash typically emerges about two weeks later. Patients may experience fatigue, nausea, headaches, joint pain, swollen lymph nodes, fever, and sore throat alongside the rash. Similar conditions include syphilis, seborrheic dermatitis, eczema, and others. Treatment aims to alleviate symptoms with corticosteroids or antihistamines. Acyclovir may help in some cases. Severe instances may benefit from UV phototherapy. The disease during pregnancy sometimes has been linked to miscarriage.
 Pityriasis rosea in pregnancy: A case series and literature review 35616213 
NIH
In most cases, PR does not influence pregnancy or birth outcomes. Analysis of pooled data from our study and from previous studies revealed that the week of pregnancy at onset of PR was inversely associated with an unfavorable outcome (odds ratio [OR] = 0.937; 95 % CI 0.883 to 0.993). In addition, duration of PR (OR = 1.432; 95 % CI 1.129 to 1.827), additional extracutaneous symptoms (OR = 4.112; 95 % CI 1.580 to 10.23), and widespread rash distribution (OR 5.203, 95 % CI 1.702 to 14.89) were directly associated with unfavorable outcome.
 Clinical variants of pityriasis rosea 28685133 
NIH
Pityriasis rosea は、通常、10 代および若年成人 (10 ~ 35 歳) に影響を与える一般的な皮膚疾患であり、女性の方が若干その傾向が強くなります。それは突然始まり、通常は幹に herald patch として知られる単一の斑点があり、その後、灰色がかったリングに囲まれた小さなピンクがかった楕円形の斑点の発疹が続きます。これらの斑点は、幹に Christmas tree に似たパターンを形成することがよくあります。発疹は通常約 6 ~ 8 週間続きます。 Pityriasis rosea は皮膚科を受診する人の約 0. 68% に影響を及ぼしますが、その割合は 0. 39% から 4. 8% まで変動します。
Pityriasis rosea (PR) is a relatively common, self-limited papulo-squamous dermatosis of unknown origin, which mainly appears in adolescents and young adults (10-35 years), slightly more common in females. It has a sudden onset, and in its typical presentation, the eruption is preceeded by a solitary patch termed “herald patch”, mainly located on the trunk. Few days later, a secondary eruption appears, with little pink, oval macules, with a grayish peripheral scaling collarette around them. The secondary lesions adopt a characteristic distribution along the cleavage lines of the trunk, with a configuration of a “Christmas tree”. In most cases, the eruption lasts for 6 to 8 wk. Its incidence has been estimated to be 0.68% of dermatologic patients, varying from 0.39% to 4.8%.