Pompholyx - 水疱性湿疹https://ja.wikipedia.org/wiki/汗疱状湿疹
水疱性湿疹 (Pompholyx) 皮膚炎の一種で、手のひらや足の裏にかゆみを伴う水疱が現れるのが特徴です。水疱の大きさは通常 1 ~ 2 ミリメートルで、3 週間ほどで治ります。ただし、再発することもよくあります。通常、赤みは存在しません。病気が繰り返し再発すると、亀裂が生じたり、皮膚が肥厚したりすることがあります。

アレルゲン、身体的または精神的ストレス、頻繁な手洗い、金属は病気を悪化させます。診断は通常、見た目と症状に基づいて行われます。同様の症状を引き起こす他の病気には、膿疱性乾癬や疥癬などがあります。

治療はステロイド軟膏を使用するのが一般的です。最初の 1 ~ 2 週間は高強度のステロイド クリームが必要になる場合があります。かゆみを抑えるために抗ヒスタミン薬が使用されることがあります。

治療 ― OTC 医薬品
石鹸は使用しないでください。手のひらや足の裏は皮膚が厚いため、低力価の市販ステロイド軟膏では効果が得られない場合があります。 OTC 抗ヒスタミン薬の服用も効果的です。
#OTC steroid ointment
#OTC antihistamine

治療
#High potency steroid ointment
#Alitretinoin
  • Dyshidrotic dermatitis ― 深刻なケースが発生
  • 病変はほぼ改善したようです。
  • 慢性期では鱗状の斑点が観察されることがあります。
  • 激しいかゆみを伴う透明な水疱。
  • Palmar dyshidrosis ― ピーリング段階
  • 重度の場合は、激しいかゆみを伴う水疱として現れることがあります。
References Dyshidrotic Eczema: A Common Cause of Palmar Dermatitis 33173645 
NIH
Dyshidrotic eczema は急性掌蹠湿疹としても知られ、成人によく見られるタイプの手皮膚炎です。これは手の皮膚炎の症例の約5〜20%を占めます。この症状は、皮膚の外層の腫れによって引き起こされる、指と手のひらの側面に液体で満たされた小さな水疱が特徴です。場合によっては、これらの水疱が合体して、「タピオカ プリン」に似た、より大きな水疱を形成することがあります。重症の場合は、発疹が手のひら全体に広がることがあります。診断は通常、指に突然現れ、手のひらに広がる水疱を伴う再発性発疹の臨床観察に基づいて行われます。
Dyshidrotic eczema (DE) or acute palmoplantar eczema is a common cause of hand dermatitis in adults. It accounts for 5-20% of the causes of DE. It is a vesiculobullous disorder of the hands and soles. It is an intraepidermal spongiosis of the thick epidermis in which accumulation of edema causes the formation of small, tense, clear, fluid-filled vesicles on the lateral aspects of the fingers that can become large and form bullae. The vesicles can have a deep-seated appearance, which is referred to as “tapioca pudding.” In severe cases, lesions can extend to the palmar area and affect the entire palmar aspect of the hand. The diagnosis is mostly clinical and suggested by a recurrent rash of acute onset with vesicles and bullae located in the fingers extending to the palmar surfaces of the hands.
 Vesico-bullous rash caused by pompholyx eczema 22665876 
NIH
31 歳の男性が、4 日前から両手の手のひらに激しいかゆみを伴う線状の水疱を患い、皮膚科を受診しました。彼は最近、疥癬に罹患した人と接触していた。患者には子供の頃から湿疹と喘息の病歴がありましたが、成人してから症状が再発したことはありませんでした。検査と顕微鏡分析の結果、水疱は観察され、穴を掘ったり、ダニや卵の兆候は見られませんでした。 pompholyx eczema の予備診断が行われ、患者は軽度の局所コルチコステロイドの使用を開始しました。しかし、患者は5日後に症状が悪化して重度の水疱性発疹を伴って再診した。
A 31-year-old man presented to dermatology with a 4 day history of an intensely itchy, linear, vesicular rash affecting the palms of both hands, on the background of recent exposure to a patient with scabies. The patient had a history of childhood eczema and asthma but no exacerbations in adulthood. Examination and microscopy revealed a vesicular rash with an absence of any burrows, mites or eggs. A provisional diagnosis of pompholyx eczema was made and the patient was commenced on mild topical corticosteroids. The patient re-presented 5 days later with worsening symptoms and a severe vesico-bullous rash