Portwine stain - 火焔状母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Port-wine_stain
火焔状母斑 (Portwine stain) は、皮膚の毛細血管奇形によって引き起こされる人間の皮膚の変色です。ポルトガルの赤ワインであるポートワインの色に似ていることからその名が付けられました。 火焔状母斑 (portwine stain) は、出生時に見られる毛細血管奇形です。 火焔状母斑 (portwine stain) は生涯にわたって持続します。影響を受ける皮膚の領域は、全体的な成長に比例して拡大します。

火焔状母斑 (portwine stain) は顔に最もよく発生しますが、体のどこにでも発生する可能性があり、特に首、胴体上部、腕、脚に発生します。初期の汚れは通常、平らでピンク色の外観をしています。子供が成長するにつれて、色は濃い赤または紫に濃くなることがあります。成人になると、病変が肥厚したり、小さなしこりが発生したりすることがあります。

処理
血管レーザーはある程度の効果はありますが、高価なレーザー機器と数年にわたる長期治療が必要です。年齢とともに病変が厚くなるため、レーザー治療の効果が低下する可能性があり、それが問題となる場合があります。ピンク色の病変は血管が深く発達しているため、一般に赤色の病変よりも治療が困難です。
#Dye laser (e.g. V-beam)
  • 火焔状母斑 (Portwine stain) はレーザーで治療できますが、費用と時間がかかります。
    References A retrospective 10 years‐ experience overview of dye laser treatments for vascular pathologies 37632184 
    NIH
    Flash-lamp pulsed dye laser (FPDL) は、現在、表面レベルの血管の問題の治療に利用できる最も正確なレーザーとして広く認識されています。この研究では、さまざまな血管疾患を持つ患者に対して色素レーザー治療を使用した 10 年にわたる経験に及ぶデータを収集しました (telangiectasia, rhinophyma, port-wine stains, cherry and spider angiomas, and vascular tumors such as cherry angiomas, infantile hemangiomas, port wine stains, rhinophyma, spider angiomas, and telangiectasia) 。
    The Flash‐lamp pulsed dye laser (FPDL) is nowadays considered the most precise laser currently on the market for treating superficial vascular lesions. In this study, we gathered data from 10 years of experience regarding dye laser treatment of patients presenting vascular malformations such as telangiectasia, rhinophyma, port‐wine stain, cherry and spider angioma and vascular tumours: cherry angioma, infantile haemangioma, port wine stain, rhinophyma, spider angioma, telangiectasia
     Nevus Flammeus 33085401 
    NIH
    Port-wine stain (PWS) は nevus flammeus とも呼ばれます。これは、異常な血管によって引き起こされる赤ちゃんの皮膚のピンク色または赤色の斑点です。それは出生時に存在し、生涯にわたって残り、通常は顔に現れます。時間の経過とともに消退する単純母斑やサーモンパッチと区別することが重要です。
    Nevus flammeus or port-wine stain (PWS) is a non-neoplastic congenital dermal capillary hamartomatous malformation presenting as a pink or red patch on a newborn's skin. It is a congenital skin condition that can affect any part of the body and persists throughout life. The nevus flammeus is a well-defined, often unilateral, bilateral, or centrally positioned pink to red patch that appears on the face at birth and is made up of distorted capillary-like vessels. It needs to be differentiated from a nevus simplex/salmon patch, which is usually seen along the midline and disappears over time. An acquired port-wine stain, clinically and histopathologically indistinguishable from congenital capillary malformation, has been reported to develop in adolescents or adults, usually following trauma.
     Consensus Statement for the Management and Treatment of Port-Wine Birthmarks in Sturge-Weber syndrome 33175124 
    NIH
    PWSの治療は、精神的健康への影響を軽減し、結節形成や組織肥大を軽減するために重要です。早期に治療を開始すると、より良い結果が得られる可能性があります。 Pulsed dye laser (PDL) は、サイズ、場所、色に関係なく、すべてのタイプの PWS にとって最良のオプションであると広く考えられています。
    Treatment of PWB is indicated to minimize psychosocial impact and diminish nodularity, and potentially tissue hypertrophy. Better outcomes may be attained if treatments are started at an earlier age. In the United States, pulsed dye laser (PDL) is the gold standard for all PWB regardless of the lesion size, location, or color. When performed by experienced physicians, laser treatment can be performed safely on patients of all ages. The choice of using general anesthesia in young patients is a complex decision which must be considered on a case by case basis.