Prurigo nodularis - 結節性痒疹https://en.wikipedia.org/wiki/Prurigo_nodularis
結節性痒疹 (Prurigo nodularis) は、通常腕や脚に現れるそう痒性 (かゆみ) のある結節を特徴とする皮膚疾患です。患者は、ひっかき傷によって引き起こされる複数の擦過性病変を呈することがよくあります。小結節は離散的で、一般に対称的で、色素沈着が過剰で、硬いです。通常、これらの結節は非常にかゆみが強く、ステロイドによってのみ軽減されます。

治療 ― OTC医薬品
石鹸で患部を洗っても全く効果がなく、悪化する可能性があります。 OTC ステロイド軟膏は症状の軽減に役立つ場合がありますが、通常、改善するには数週間塗布する必要があります。抗ヒスタミン薬を飲み続けるとかゆみも軽減されます。
#OTC steroid ointment
#OTC antihistamine

処理
#Intralesional triamcinolone injection
      References Prurigo Nodularis 29083653 
      NIH
      Prurigo nodularis は、複数の硬い隆起や小結節を特徴とする長期にわたる皮膚疾患で、通常は腕や脚の外側に見られます。これらの隆起の色は肌色からピンク色までさまざまで、強いかゆみを伴います。これらはあらゆる年齢層の人に影響を与える可能性があり、アトピー性皮膚炎などの慢性的なかゆみを引き起こす他の皮膚疾患と関連していることがよくあります。治療の選択肢には、強力なかゆみ止め薬、免疫系に影響を与える薬、神経系を標的とする薬などがあります。結節性痒疹の管理には通常、長期にわたる治療が必要です。
      Prurigo nodularis is a chronic disorder of the skin that is classically seen as multiple, firm, flesh to pink colored papules, plaques and nodules commonly located on the extensor surfaces of the extremities. The lesions are very pruritic and can occur in any age group. It is commonly associated with another disease such as atopic dermatitis or any dermatoses associated with chronic pruritus. The therapeutic approach is wide-arrayed ranging from treatments that act as - potent antipruritics, immunomodulators, and neuromodulators. Treatment in an established case is prolonged and improving patient compliance with education and counseling is important.
       Treatment-resistant prurigo nodularis: challenges and solutions 30881076 
      NIH
      治療は通常、患部にクリームやステロイドの注射を使用します。より重篤な場合や頑固な場合には、光療法や免疫系を抑制する薬物療法などの治療が必要になる場合があります。サリドマイドとレナリドマイドは重篤な場合の選択肢ですが、重篤な副作用が発生する可能性があります。新しい治療法 (opioid receptor antagonists, neurokinin-1 receptor antagonists) は、サリドマイドやレナリドマイドと比較して副作用が少なく、結節性痒疹の治療に有望であることが示されています。
      Treatment typically relies on the use of topical or intralesional steroids, though more severe or recalcitrant cases often necessitate the use of phototherapy or systemic immunosuppressives. Thalidomide and lenalidomide can both be used in severe cases; however, their toxicity profile makes them less favorable. Opioid receptor antagonists and neurokinin-1 receptor antagonists represent two novel families of therapeutic agents which may effectively treat PN with a lower toxicity profile than thalidomide or lenalidomide.
       Chronic Prurigo Including Prurigo Nodularis: New Insights and Treatments 37717255 
      NIH
      Chronic prurigo は、長期にわたるかゆみ (6 週間以上続く) 、引っかき傷に関連した皮膚病変、および頻繁な引っ掻き歴を特徴とする皮膚疾患です。これには、皮膚の神経炎症と線維症が含まれます。
      Chronic prurigo (CPG) is a neuroinflammatory, fibrotic dermatosis that is defined by the presence of chronic pruritus (itch lasting longer than 6 weeks), scratch-associated pruriginous skin lesions and history of repeated scratching.
       Prurigo Nodularis: Review and Emerging Treatments 34077168
      Prurigo nodularis は、かゆみのある結節を特徴とする長期にわたる皮膚の問題です。正確な原因は不明ですが、免疫と神経の問題がかゆみとひっかきのサイクルに関与しているようです。現時点では、結節性痒疹に特化して米国 FDA によって承認された治療法はありません。
      Prurigo nodularis is a long-lasting skin problem marked by itchy nodules. We don't know exactly what causes it, but it seems that immune and nerve issues play a role in the itch-scratch cycle. Right now, there aren't any treatments approved by the US FDA specifically for prurigo nodularis.