Prurigo pigmentosa - 色素性痒疹https://ja.wikipedia.org/wiki/色素性痒疹
色素性痒疹 (Prurigo pigmentosa) は、原因不明のまれな皮膚疾患であり、治癒時に網状の色素沈着過剰を残す紅斑性丘疹の突然の発症を特徴とします。この状態は、最近の食事制限によって引き起こされる場合があります。

  • 網状の色素沈着過剰を伴う反復性のかゆみのある発疹が特徴です。
  • 通常 色素性痒疹 (Prurigo pigmentosa)
  • 最近急激に体重を減らした後に起こることもあります。
References Prurigo Pigmentosa 38261670 
NIH
Prurigo pigmentosa は、1971 年に Nagashima らによって初めて報告された稀な炎症性皮膚疾患です。主に東アジア系の若い女性が罹患しますが、他の人にも発生する可能性があります。首、胸、背中に赤い盛り上がった隆起の対称的な発疹として現れます。これらの隆起は網状のパターンを形成することが多く、現れたり消えたりして、皮膚に暗い斑点が残ります。 Prurigo pigmentosa は、最近人気が高まっているケトジェニック ダイエットなどによる代謝の変化によって引き起こされることがあります。
Prurigo pigmentosa, also known as Nagashima disease or keto rash, is a rare inflammatory skin disease initially described by Nagashima et al in 1971. Prurigo pigmentosa typically, but not exclusively, affects young females of East Asian ethnicity, presenting as a symmetrical eruption of urticarial papules on the neck, chest, and back. The papular eruption typically coalesces into a reticulated pattern that repeatedly resolves and recurs, resulting in hyperpigmented skin of cosmetic concern. Prurigo pigmentosa can be triggered by metabolic derangements, including those secondary to ketogenic diets, which have experienced a rise in popularity in recent years.
 Prurigo pigmentosa: A multi-institutional retrospective study 37001731
Prurigo pigmentosa は、網状のパターンで突然かゆみを伴う赤い隆起が生じ、その後に黒い斑点が生じる皮膚疾患です。最近、 Prurigo pigmentosa がケトジェニックダイエットに関連しているといういくつかの証拠が発見されました。さまざまな年齢や性別の人々が罹患する可能性がありますが、女性でより一般的である傾向があります。通常の食事に戻したり、皮膚治療を行っても十分に効果がない場合、医師はドキシサイクリンやミノサイクリンなどの経口抗生物質のコースを処方することがあります(100 mgを1日2回、1~2か月間)。
Prurigo pigmentosa is a skin condition causing sudden, itchy, red bumps in a net-like pattern followed by dark spots. Lately, some evidences were founded that Prurigo pigmentosa is associated with the ketogenic diet. It can affect people of different ages and genders, with a tendency to be more common in females. In cases where returning to a regular diet or using skin treatments doesn't fully help, doctors may prescribe a course of oral antibiotics like doxycycline or minocycline (100 mg twice daily for 1 to 2 months).