Pyogenic granuloma - 化膿性肉芽腫https://en.wikipedia.org/wiki/Pyogenic_granuloma
化膿性肉芽腫 (Pyogenic granuloma) は、粘膜と皮膚の両方に発生する一般的な血管腫瘍で、刺激、物理的外傷、またはホルモン因子による組織の異常増殖として現れます。 化膿性肉芽腫 (pyogenic granuloma) はどの年齢でも見られる可能性があり、男性よりも女性に多く見られます。妊娠中の女性では、病変は妊娠の最初に発生する可能性があり、7 か月まで発生率が増加し、歯茎によく見られます。 化膿性肉芽腫 (pyogenic granuloma) の外観は、通常、赤/ピンクから紫の範囲の色で、急速に成長し、滑らかな場合やキノコ状になる場合があります。

診断と治療
出血がある場合は、すぐに外科的切除を行う必要があります。

  • 指に 化膿性肉芽腫 (Pyogenic granuloma)。病変は赤い丘疹の形で突然発生します。
  • 通常 化膿性肉芽腫 (Pyogenic granuloma)
  • 化膿性肉芽腫 (Pyogenic granuloma) ― 怪我をした場合、大量の出血が起こる可能性があります。
  • 出血を止めるために圧力を加えることが重要です。
  • 通常 化膿性肉芽腫 (Pyogenic granuloma)
References Pyogenic Granuloma 32310537 
NIH
Pyogenic granuloma は、一般的に皮膚または粘膜に発生する一般的な非癌性血管腫瘍です。正確には小葉性毛細血管腫といいます。この結節性疾患は通常、傷つきやすい単一の赤い茎状の隆起のように見えます。場合によっては、茎のない平らな部分として現れることもあります。外側に向かって急速に成長する傾向があり、表面に潰瘍が発生する可能性があります。化膿性肉芽腫は皮膚または口の中に発生することが多く、口腔内で最も頻繁に見られます。
Pyogenic granuloma, sometimes known as granuloma pyogenicum, refers to a common, acquired, benign vascular tumor that arises in tissues such as the skin and mucous membranes. It is more accurately called a lobular capillary hemangioma. The lesion grossly appears as a solitary, red, pedunculated papule that is very friable. Less commonly, it may present as a sessile plaque. It shows rapid exophytic growth, with a surface that often undergoes ulceration. It is often seen on cutaneous or mucosal surfaces. Among the latter, it is most commonly seen within the oral cavity.
 Childhood Vascular Tumors 33194900 
NIH
Infantile Hemangioma, Congenital Hemangiomas, Pyogenic Granuloma, Tufted Angioma, Kaposiform Hemangioendothelioma, Dabska Tumor, Hemangioendothelioma, Pseudomyogenic Hemangioendothelioma, Angiosarcoma