Rosacea - 脸紅症https://ja.wikipedia.org/wiki/酒皶
脸紅症 (Rosacea) は、通常は顔に影響を及ぼす長期的な皮膚の問題です。その結果、発赤、吹き出物、腫れ、小さく表面の血管が拡張します。多くの場合、鼻、頬、額、顎が最も影響を受けます。重度の病気である「鼻瘤」として知られる状態では、赤く腫れた鼻が発生することがあります。罹患者は30~50歳代の女性が最も多い。白人はより頻繁に影響を受けます。化粧品が原因の慢性接触皮膚炎は、 脸紅症 (rosacea) と誤診されることがあります。

症状を悪化させる可能性のある要因には、暑さ、運動、日光、風邪、辛い食べ物、アルコール、更年期障害、心理的ストレス、または顔のステロイドクリームなどがあります。治療には通常、メトロニダゾール、ドキシサイクリン、ミノサイクリン、またはテトラサイクリンが使用されます。

診断と治療
化粧品による慢性接触皮膚炎ではないことを確認してください。通常は長期にわたる治療が必要となります。ミノサイクリンは座瘡様の炎症性酒さ病変に効果的です。ブリモニジンは血管を収縮させることで紅潮を軽減します。

#Minocycline
#Tetracycline
#Brimonidine [Mirvaso]

治療 ― OTC医薬品
慢性接触皮膚炎の症状は、酒さの症状に似ていることがあります。経口抗ヒスタミン薬を服用する場合は、数週間は顔に不必要な化粧品を塗らないようにしてください。
#OTC antihistamine
  • 脸紅症 (Rosacea) ― 一般的に頬と鼻に影響を及ぼします。
  • 局所ステロイド誘発性酒さ ― ステロイドの過剰使用はこの状態を引き起こす可能性があります。
  • 鼻は疾患が発生しやすい部位です。
References Rosacea Treatment: Review and Update 33170491 
NIH
Rosacea の最新の治療法について説明します。スキンケア、化粧品、クリーム、錠剤、レーザー、注射、さまざまな種類の酒さに合わせた治療法、関連する健康上の問題の管理、および治療の組み合わせについて説明します。これはすべて、 rosacea を外観に基づいて診断および分類する新しいアプローチを考慮したものです。
We summarize recent advances in rosacea treatment, including skin care and cosmetic treatments, topical therapies, oral therapies, laser-/light-based therapies, injection therapies, treatments for specific types of rosacea and treatments for systemic comorbidities, and combination therapies, in the era of phenotype-based diagnosis and classification for rosacea.
 Rosacea: New Concepts in Classification and Treatment 33759078 
NIH
Rosacea は、主に頬、鼻、顎、額に影響を及ぼす長期にわたる皮膚疾患です。これは、紅潮、現れたり消えたりする赤み、持続的な赤み、皮膚の肥厚、小さな赤い隆起、膿が詰まった隆起、目に見える血管を引き起こすことで知られています。
Rosacea is a chronic inflammatory dermatosis mainly affecting the cheeks, nose, chin, and forehead. Rosacea is characterized by recurrent episodes of flushing or transient erythema, persistent erythema, phymatous changes, papules, pustules, and telangiectasia.