Sebaceous hyperplasia - 皮脂過形成https://ja.wikipedia.org/wiki/脂腺増殖症
皮脂過形成 (Sebaceous hyperplasia) は、皮脂腺が肥大化し、肌色または黄色がかった光沢のある、多くの場合臍状の隆起が顔に生じる疾患です。皮脂過形成は通常、中年から高齢の成人に影響を与えます。症状は、主に額、鼻、頬の皮膚や脂漏性の顔面皮膚に1~5mmの丘疹が出現します。

処理
#Pinhole technique (Erbium or CO2 laser)
  • 肌色の丘疹として現れますが、触ると柔らかいという点で基底細胞癌とは異なります。
  • 額に複数の皮脂過形成。 ― 典型的なケースですね。
  • 外観だけでは基底細胞癌との区別が難しい場合がありますが、病変に触れることにより正確に区別できます。
References Sebaceous Hyperplasia 32965819 
NIH
Sebaceous gland hyperplasia は、皮脂腺の過剰増殖を伴う良性の頻繁に発生する症状です。通常、中年以上の成人、主に男性が罹患し、健康な人の約 1% に発生すると推定されています。
Sebaceous gland hyperplasia (SGH) is a benign and common condition of sebaceous glands. SGH affects adults of middle age or older, mainly males. It reportedly occurs in approximately 1% of the healthy population.
 Treatment with the Pinhole Technique Using Erbium-Doped Yttrium Aluminium Garnet Laser for a Café au Lait Macule and Carbon Dioxide Laser for Facial Telangiectasia 25324670 
NIH
[Pinhole Technique] - 15 歳の少年が頬に落ち着きを感じました。 erbium : YAG レーザー (continuous wave mode with a spot size of 1 mm) を使用して、4 週間ごとに 6 セッションのピンホール治療を実行しました。病変は軽度の紅斑を伴って顕著な改善を示し、12か月の追跡調査では再発はありませんでした。 55 歳の女性が、右頬に 10 年来の毛細血管拡張症を患っていました。毛細血管拡張症はCO2レーザーを用いたピンホール法で治療しました。直径1 mmの複数の小さな穴を真皮乳頭まで開けました。これらの穴は、毛細血管拡張領域全体にわたって約 3 mm 間隔で開けられました。毛細血管拡張症は、1回の治療セッション後に顕著な改善を示しました。 3か月後の追跡調査では再発は認められませんでした。
[Pinhole Technique] A 15-year-old boy presented with a CALM on his cheek. We performed 6 sessions of pinhole treatment every 4 weeks using erbium : YAG laser set to a continuous wave mode with a spot size of 1 mm. The lesion showed marked improvement with mild erythema, and there was no recurrence at the 12-month follow-up. A 55-year-old female presented with a 10-year history of telangiectasia on the right cheek. The telangiectasia was treated using the pinhole method using a CO2 laser. Multiple small holes, measuring 1 mm in diameter, were made down to the papillary dermis. These holes were made approximately 3 mm apart all over the telangiectasia area. The telangiectasia showed significant improvement after 1 treatment session. No recurrence was noted at the 3-month follow-up.