Senile purpura - 老人性紫斑https://en.wikipedia.org/wiki/Solar_purpura
老人性紫斑 (Senile purpura) は、前腕背部や手などに現れる、1 ~ 5 cm の暗紫がかった赤色の大きな斑状出血を特徴とする皮膚疾患です。紫斑病変は、皮膚の結合組織に対する太陽光による損傷によって引き起こされます。治療の必要はありません。通常、病変は最長 3 週間で消えます。

処理
ステロイド軟膏は塗らないことが大切です。

  • この状態は高齢者に非常によく見られ、腕を強く握ると簡単にあざができます。ステロイド軟膏は塗ってはいけません。
    References Actinic Purpura 28846319 
    NIH
    Actinic purpura は、血液が皮膚のより深い層に漏れたときに発生します。皮膚が薄くなり、血管がもろくなった高齢者に、特に日光に多くさらされた場合によく起こります。
    Actinic purpura results from the extravasation of blood into the dermis. This phenomenon is due to the skin atrophy and fragility of the blood vessels in elderly individuals, which is exacerbated by chronic sun exposure.