Skin tag - スキンタグhttps://en.wikipedia.org/wiki/Skin_tag
スキンタグ (Skin tag) は、首、脇の下、鼠径部など、皮膚にしわができる領域に主に形成される小さな良性腫瘍です。スキンタグは顔、通常はまぶたにも発生することがあります。それらは通常、米粒ほどの大きさです。表面は滑らかで柔らかいです。

一般人口における有病率は46%と報告されています。また、男性よりも女性に多く見られます。切除が必要な場合は、焼灼、凍結手術、切除、またはレーザーを使用する訓練を受けた専門家が行うことができます。

診断と治療
病院では美容目的でレーザーを使って除去することができます。

  • 典型的な スキンタグ (Skin tag) ― 良性です。
  • Neck ― Acrochordons. When it occurs on the neck, it is mostly a Skin tag and not a flat wart.
  • 脇の下によく発生します。通常、病変は 5 つ未満ですが、少数の人には多数の病変が存在する場合があります。
References Skin Tags 31613504 
NIH
Skin tags は、柔らかく隆起した皮膚の隆起として現れる一般的な皮膚腫瘍であり、通常は良性腫瘍です。研究によると、成人のほぼ50~60%が生涯に少なくとも1つを持っており、その可能性は40歳以降に増加します。スキンタッグは、肥満、糖尿病、メタボリックシンドロームを患っている人でより一般的に発生することに注意することが重要です。 。男性も女性も同様に影響を受けます。
Skin tags, also known as 'acrochordons,' are commonly seen cutaneous growths noticeable as soft excrescences of heaped up skin and are usually benign by nature. Estimates are that almost 50 to 60% of adults will develop at least one skin tag in their lifetime, with the probability of their occurrence increasing after the fourth decade of life. However, at the very outset, it should be noted that acrochordons occur more commonly in individuals suffering from obesity, diabetes, metabolic syndrome (MeTS), and in people with a family history of skin tags. Skin tags affect men and women equally.