Steatocystoma multiplex - 多発性脂腺嚢腫https://en.wikipedia.org/wiki/Steatocystoma_multiplex
多発性脂腺嚢腫 (Steatocystoma multiplex) は、人の体に複数の嚢胞ができる良性の常染色体優性の先天性疾患です。嚢胞はほとんどが小さい (2 ~ 20 mm) ですが、直径が数センチメートルになることもあります。それらは柔らかいから硬い半透明の隆起である傾向があり、油状の黄色の液体が含まれています。

思春期の発症はおそらく毛包脂腺単位のホルモン刺激によるものと考えられます。胸部に発生することが最も多く、腹部、上腕、脇の下、顔にも発生する場合があります。場合によっては、全身に嚢胞が発生することもあります。

  • 腕や首に観察されると、小さくて硬い皮下の嚢胞として現れますが、通常は無症状です。
    References Steatocystoma Multiplex 38283021 
    NIH
    脂肪細胞腫症または表皮多嚢胞性疾患としても知られる Steatocystoma multiplex (SM) は、さまざまなサイズの複数の皮内脂腺嚢胞を特徴とするまれな良性の皮膚疾患です。臨床的に、SM は多数の、滑らかで硬く、可動性のある嚢胞性隆起やしこりとして現れますが、多くの場合、症状はありません。これらの病変は通常、直径が数ミリメートルからセンチメートルの範囲で、丸くて均一なサイズです。表面は黄色がかっていますが、深いものは通常肌の色と一致します。これらの嚢胞内の液体は通常無臭で油状で、透明度や色の程度はさまざまです。典型的な嚢胞とは異なり、通常、嚢胞を覆う皮膚の中央には目に見える開口部がありません。 SMは体のどこにでも発症する可能性がありますが、胴体、首、頭皮、脇の下、腕、脚、鼠径部など、油腺や毛包が豊富な部位でよく見られます。
    Steatocystoma multiplex (SM, also known as steatocystomatosis, sebocystomatosis, or epidermal polycystic disease) is a rare benign intradermal true sebaceous cyst of various sizes. Clinically, SM presents as asymptomatic, numerous, round, smooth, firm, mobile, cystic papules, and nodules. The lesions are uniform, with a size of a few millimeters to centimeters along the long axis. The superficial lesions are yellowish, and deeper lesions tend to be skin-colored. The fluid in SM is odorless, oily, clear or opaque, milky or yellow. The overlying epidermal skin is often normal, with no central punctum. SM can occur anywhere in the body but is more frequently seen in areas rich in pilosebaceous units such as the trunk (especially the presternal region), neck, scalp, axilla, proximal extremities, and inguinal region.
     Steatocystoma multiplex - Case reports 14594591
    25歳の男性が腕、胸、腹部に皮膚疾患を抱えて来院しました。彼は 20 年間、痛みのないしこりに悩まされており、胸から始まり、過去 7 年間で腕まで広がりました。
    A 25-year-old man came in with a skin condition on his arms, chest, and abdomen. He had been with painless lumps for 20 years, starting on his chest and spreading to his arms over the past 7 years.