Tinea faciei - 顔白癬https://en.wikipedia.org/wiki/Tinea_faciei
顔白癬 (Tinea faciei) は、顔の皮膚の真菌感染症です。これは通常、小さな隆起と隆起した端を備えた痛みのない赤い発疹として現れ、通常は眉毛または顔の片側に外側に向かって成長します。濡れたように感じられたり、かさぶたができたり、上にある毛が抜けやすくなったりすることがあります。軽いかゆみが出る場合があります。

治療 ― OTC医薬品
※市販の抗真菌軟膏
#Ketoconazole
#Clotrimazole
#Miconazole
#Terbinafine
#Butenafine [Lotrimin]
#Tolnaftate
  • 感染の特徴としては、矢印の部分に見られる紅斑と環状の鱗屑が挙げられます。
  • 感染は縁がわずかに盛り上がっているのが特徴で、真菌によって引き起こされます。
  • @湿疹と誤診されることもあり、ステロイド軟膏の塗布により悪化する場合があります。
References Diagnosis and management of tinea infections 25403034
思春期前の子供の場合、通常の感染症は体と頭皮の白癬ですが、10代の若者や成人では水虫、いんきんたむし、爪真菌症(爪真菌症)になることがよくあります。
In prepubertal kids, the usual infections are ringworm on the body and scalp, while teenagers and adults often get athlete's foot, jock itch, and nail fungus (onychomycosis).