Tinea pedis - 足癬https://ja.wikipedia.org/wiki/足白癬
足癬 (Tinea pedis) は、真菌によって引き起こされる足の一般的な皮膚感染症です。徴候や症状には、かゆみ、鱗屑、ひび割れ、発赤などが含まれることがよくあります。まれに皮膚に水疱ができる場合があります。水虫の真菌は足のどの部分にも感染する可能性がありますが、ほとんどの場合は足の指の間に発生します。次に多いのは足の裏です。同じ真菌が爪や手に影響を及ぼすこともあります。

予防法としては、公共のシャワーでは裸足にならないこと、足の爪を短く保つこと、十分な大きさの靴を履くこと、靴下を毎日交換することなどが挙げられます。感染している場合は、足を乾燥した清潔な状態に保ち、サンダルを履くと効果的です。治療には、クロトリマゾールなどの抗真菌薬を皮膚に塗布するか、持続感染症の場合はテルビナフィンなどの経口抗真菌薬を使用します。抗真菌クリームの使用は通常 4 週間推奨されます。

治療 ― OTC医薬品
※市販の抗真菌軟膏
#Ketoconazole
#Clotrimazole
#Miconazole
#Terbinafine
#Butenafine [Lotrimin]
#Tolnaftate
  • 重篤な水虫の場合
  • 真菌感染症では、鱗片を伴う隆起した縁が特徴的に観察されます。
References Tinea Pedis 29262247 
NIH
水虫は、ある種の真菌が足の皮膚に感染することによって引き起こされます。通常、裸足で歩き、真菌に直接接触することによってこの感染症に感染します。
Tinea pedis, also known as athlete's foot, results from dermatophytes infecting the skin of the feet. Patients contract the infection by directly contacting the organism while walking barefoot.
 Diagnosis and management of tinea infections 25403034
思春期前の子供が最も頻繁に感染するのは体と頭皮の白癬ですが、10代の若者や成人は鼠径部、足、爪に白癬(爪真菌症)が発生する傾向があります。
The most frequent infections in kids before puberty are ringworm on the body and scalp, while teens and adults are prone to getting ringworm in the groin, on the feet, and on the nails (onychomycosis).