Tinea versicolor - 癜風https://ja.wikipedia.org/wiki/癜風
癜風 (Tinea versicolor) は、体幹と近位四肢の皮膚発疹を特徴とする症状です。癜風白癬の大部分は、真菌マラセチア・グロボーサによって引き起こされます。これらの酵母は、高温多湿な環境など、特定の状況下でのみ厄介になります。 癜風 (tinea versicolor) は高温多湿の気候や多量の発汗をする人によく見られるため、毎年夏に再発する可能性があります。癜風を治療するには、局所抗真菌薬の使用が推奨されます。

治療 ― OTC医薬品
真菌感染症が体の広い範囲に広がっている場合は、スプレータイプの方が良い選択かもしれません。
#Ketoconazole
#Clotrimazole
#Miconazole
#Terbinafine
#Butenafine [Lotrimin]
#Tolnaftate
  • 鱗状の白い斑点として現れ、汗の多い場所に発生します。
  • 丸い病変は典型的には端に集中しているのが特徴です。
  • この場合、病変は紅斑を伴いますが、典型的な場合は紅斑が存在しないことがほとんどです。
  • 白斑に似た症状が出る場合があります。
  • 初期はやや茶色っぽい病変ですが、時間が経つと白くなってきます。
References Tinea Versicolor 29494106 
NIH
Pityriasis versicolor は一般的な皮膚真菌感染症です。それは、細かいスケールを持つ暗いパッチまたは明るいパッチとして表示されます。胸、背中、首、腕などに現れることが多いです。
Pityriasis versicolor, also known as tinea versicolor, is a common, benign, superficial fungal infection of the skin. Clinical features of pityriasis versicolor include either hyperpigmented or hypopigmented finely scaled macules. The most frequently affected sites are the trunk, neck, and proximal extremities.
 Diagnosis and management of tinea infections 25403034
思春期前の子供の場合、通常の感染症は体と頭皮の白癬ですが、10代の若者や成人では水虫、いんきんたむし、爪真菌症(爪真菌症)になることがよくあります。
In prepubertal kids, the usual infections are ringworm on the body and scalp, while teenagers and adults often get athlete's foot, jock itch, and nail fungus (onychomycosis).