Ulcer - 潰瘍https://ja.wikipedia.org/wiki/潰瘍
潰瘍 (Ulcer) は、炎症を起こした壊死組織の脱落によって引き起こされる皮膚、上皮、または粘膜の連続性の破壊です。

治療 ― OTC医薬品
理由もなく続く潰瘍は皮膚がん(扁平上皮がん)である可能性があります。
傷をきれいにして手当てをします。
ベタジンは当初、ヨウ素を放出することで作用し、これによりさまざまな微生物が死滅します。ただし、ベタジンを継続的に使用すると、創傷治癒が妨げられる可能性があります。
さらなる感染を防ぐために、抗生物質軟膏を毎日塗布し、ハイドロコロイド包帯で傷を覆います。

#Hydrocolloid dressing [Duoderm]
#Polysporin
#Bacitracin
#Betadine
  • アフタ性潰瘍
  • 厚いかさぶたを伴う潰瘍
References Pressure Ulcer 31971747 
NIH
圧迫損傷 (bedsores, decubitus ulcers, pressure ulcers) は、同じ場所 (多くの場合、骨のある部分) に圧力と摩擦が長時間加えられたときに発生する皮膚および組織の損傷です。仙骨、臀部、腰で最もよく発生しますが、頭、肩、肘、かかと、足首、耳などの体の他の部分でも発生する可能性があります。
Pressure injuries, also termed bedsores, decubitus ulcers, or pressure ulcers, are localized skin and soft tissue injuries that form as a result of prolonged pressure and shear, usually exerted over bony prominences. These ulcers are present 70% of the time at the sacrum, ischial tuberosity, and greater trochanter. However, they can also occur in the occiput, scapula, elbow, heel, lateral malleolus, shoulder, and ear.