Urticaria - 蕁麻疹https://ja.wikipedia.org/wiki/蕁麻疹
蕁麻疹 (Urticaria) は、赤く隆起したかゆみのある隆起を伴う皮膚発疹の一種です。発疹の斑点が動き回ることがよくあります。通常、効果は数日間持続し、長期にわたる皮膚の変化は残りません。 6週間以上続く症例は5%未満です。 蕁麻疹 (urticaria) 感染症の後、または薬や食物などのアレルギー反応の結果として頻繁に発生します。

予防は、症状の原因となるものを避けることです。治療は通常、ジフェンヒドラミンやラニチジンなどの抗ヒスタミン薬で行われます。重篤な場合には、コルチコステロイドまたはロイコトリエン阻害剤が使用されることもあります。環境温度を低く保つことも一時的に役立ちます。 6週間以上続く場合には、シクロスポリンなどの免疫抑制剤が使用されることがあります。

約20%の人が罹患するほどありふれた病気です。急性蕁麻疹の症例は男性と女性で同等に発生しますが、長期間続く症例は女性でより一般的です。急性蕁麻疹のケースは子供に多く見られますが、長期間続くケースは中高年に多く見られます。 2か月以上続く場合は、多くの場合、数年続き、その後消えます。

治療 ― OTC医薬品
急性蕁麻疹は通常 1 週間以内に治りますが、慢性蕁麻疹は何年も続くことがありますが、そのほとんどはある時点で治まります。慢性蕁麻疹の場合は、定期的に抗ヒスタミン薬を服用し、自然に治まるのを待つことをお勧めします。

OTC 抗ヒタミン薬。セチリジンまたはレボセチリジンはフェキソフェナジンよりも効果的ですが、眠気を引き起こします。
#Cetirizine [Zytec]
#LevoCetirizine [Xyzal]

慢性蕁麻疹の場合は、フェキソフェナジンなどの眠気のない抗ヒスタミン薬が適しています。
#Fexofenadine [Allegra]
#Diphenhydramine [Benadryl]
#Loratadine [Claritin]
  • 典型的な蕁麻疹ではなく、Erythema multiforme minor または urticarial vasculitis が疑われる病変。
  • @典型的な蕁麻疹です。病変は数時間ごとに移動することがあります。
  • 蕁麻疹 ― 腕
  • Cold urticaria
  • Cold urticaria
  • 左胸壁に蕁麻疹。病変がわずかに盛り上がっていることに注意してください。
  • 典型的な蕁麻疹
  • Urticarial Vasculitis
  • Dermographic urticaria;通常、慢性蕁麻疹であり、突然消えるまで数年間続くことがあります。
  • Dermatographic urticaria
References Acute and Chronic Urticaria: Evaluation and Treatment 28671445
蕁麻疹は、多くの場合、かゆみを伴う膨疹と、場合によっては深部の皮膚層の腫れを特徴とし、通常、原因がわかっていれば、その原因を回避することで管理されます。一次治療には第二世代 H1 抗ヒスタミン薬が含まれますが、必要に応じてより高用量に調整できます。さらに、第一世代 H1 抗ヒスタミン薬、H2 抗ヒスタミン薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、強力な抗ヒスタミン薬、短期間のコルチコステロイドなどの他の薬剤も併用される場合があります。持続する場合には、オマリズマブやシクロスポリンなどの代替療法の専門家への紹介が検討される場合があります。
Urticaria, often characterized by itchy wheals and sometimes swelling of the deeper skin layers, is typically managed by avoiding triggers, if known. The primary treatment involves second-generation H1 antihistamines, which can be adjusted to higher doses if needed. Additionally, other medications like first-generation H1 antihistamines, H2 antihistamines, leukotriene receptor antagonists, potent antihistamines, and short courses of corticosteroids may be used alongside. For persistent cases, referral to specialists for alternative therapies like omalizumab or cyclosporine may be considered.
 Urticaria and Angioedema: an Update on Classification and Pathogenesis 28748365
 Chronic Urticaria 32310370 
NIH
Second-generation H1-antihistamines (e.g., cetirizine, loratadine, fexofenadine), Omalizumab, Ciclosporin, and short courses only of systemic corticosteroids
 Angioedema 30860724 
NIH
Angioedema は、皮膚や粘膜の下の層に発生する、押しても穴が残らない腫れです。通常、口、喉、腸だけでなく、顔、唇、首、手足などの領域に影響を及ぼします。喉に影響を与えると危険になり、生命を脅かす状況を引き起こす可能性があります。
Angioedema is non-pitting edema that involves subcutaneous and/or submucosal layers of tissue that affects the face, lips, neck, and extremities, oral cavity, larynx, and/or gut. It becomes life-threatening when it involves the larynx.