Vasculitis - 血管炎https://ja.wikipedia.org/wiki/血管炎症候群
血管炎 (Vasculitis) は、炎症によって血管が破壊される一連の疾患です。血管炎は、原因、場所、血管の種類、または血管の大きさによって分類できます。根本的な原因を見つけるために臨床検査と皮膚生検が必要になる場合があります。治療は一般に、炎症を止めて免疫系を抑制することに向けられます。通常、プレドニゾンなどのコルチコステロイドが使用されます。

診断
皮膚に限定された血管炎は時間の経過とともに改善する可能性があります。ただし、全身性疾患や自己免疫疾患を検出するために血液検査や尿検査が行われる場合もあります。

治療 ― OTC医薬品
血管炎が皮膚に限定されており、他の臓器への浸潤がない場合には、ステロイド軟膏が使用されることがあります。
#OTC steroid ointment
  • 血管炎を伴う他の全身性疾患 (自己免疫疾患) を除外する必要があります。
  • これは脚の典型的な血管炎の写真です。腎臓の機能に異常があるか尿検査をしてみることができます。
  • Livedo vadculopathy
  • Purpura
  • Henoch schonlein purpura
References An aetiological & clinicopathological study on cutaneous vasculitis 22382191 
NIH
Of the 61 patients studied, hypersensitivity vasculitis (HSV) [23 (37.7%)] and Henoch Schonlein purpura (HSP) [16 (26.2%)] were the two most common forms. Systemic involvement was seen in 32 (52.45%) patients. Drugs were implicated in 12 (19.7%) cases, infections in 7 (11.4%) and connective tissue disorders in 4 (6.5%) cases. No association was seen between history of drug intake and tissue eosinophilia and also between histologically severe vasculitis and clinical severity.
 Leukocytoclastic Vasculitis 29489227 
NIH
Leukocytoclastic vasculitis は、皮膚の深層にある小さな血管に影響を及ぼす皮膚炎症の一種です。原因不明で発生する場合もあれば、感染症、腫瘍、自己免疫疾患、薬物療法に関連している場合もあります。典型的な兆候には、脚の赤または紫の斑点、小さな血管の浸潤などが含まれ、症例の約 30% では体の他の部分も影響を受けます。ほとんどの場合、数週間から数か月以内に自然に治ります。治療は、経口コルチコステロイドを徐々に減らすことから、ステロイドを使用せずに炎症を抑える他の薬を使用することまで、症状の重症度に応じて異なります。
Leukocytoclastic vasculitis is a cutaneous, small-vessel vasculitis of the dermal capillaries and venules. This condition can be idiopathic or can be associated with infections, neoplasms, autoimmune disorders, and drugs. Key clinical features of leukocytoclastic vasculitis include palpable purpura on the lower extremity, small vessel involvement, and, in about 30 percent of individuals, extracutaneous involvement. Most cases of idiopathic cutaneous, small vessel vasculitis are self-limited with 90 percent of cases resolving in weeks to months of onset. Otherwise, treatment depends on the severity of disease and can range from an oral corticosteroid taper to various steroid-sparing immunosuppressive agents.