Xanthelasma - 黄色腫瘍https://en.wikipedia.org/wiki/Xanthelasma
黄色腫瘍 (Xanthelasma) は、皮膚の下にある境界のはっきりした黄色がかったコレステロールの沈着です。通常、まぶた上またはその周囲に発生します。これらの小さな腫瘍は皮膚に害を及ぼすことも痛みを伴うこともありませんが、外観を損なう可能性があるため、除去することができます。 黄色腫瘍 (xanthelasma) と血中低比重リポタンパク質レベル、およびアテローム性動脈硬化のリスク増加との関連性を示す一連の証拠が増えています。

処理
小さな病変はレーザーで治療できますが、再発が非常に多いです。

  • 左右対称であることが特徴です。レーザー治療後でも再発することはよくあります。
  • Xanthelasma palpebrarum
References Xanthelasma Palpebrarum 30285396 
NIH
Xanthelasma palpebrarum は、まぶたの内側の角に、コレステロールが豊富な柔らかい沈着物が黄色がかった隆起や斑点を形成する症状です。これは良性であり、重大な健康リスクを引き起こすことはありません。 xanthelasma の成人の約半数は異常な脂質レベルを持っています。若い人、特に子供の場合、 xanthelasma が見られると、遺伝性脂質異常症が示唆される可能性があります。 xanthelasma の治療は通常、医学的な理由では必要なく、美容上の理由で行われます。
Xanthelasma palpebrarum is primarily characterized by soft, lipid-rich deposits, especially cholesterol, manifesting as semisolid, yellowish papules or plaques. These deposits are typically found on the inner aspect of the eyes and are most commonly located along the corners of the upper and lower eyelids. Xanthelasma palpebrarum is a benign lesion and does not pose significant health risks. Approximately 50% of adult patients with xanthelasma have abnormal lipid levels. In younger individuals, particularly children, the presence of xanthelasma should prompt consideration of an underlying inherited dyslipidemia. Although xanthelasma treatment is typically not medically necessary, some patients may seek therapy for cosmetic reasons.