Xanthoma - 黄色腫https://ja.wikipedia.org/wiki/黄色腫
黄色腫 (Xanthoma) は、黄色がかったコレステロールを多く含む物質の沈着であり、さまざまな病状で体のどこにでも発生する可能性があります。これらは、皮膚内の大きな泡沫細胞に脂質が蓄積するリピドーシスの皮膚症状です。それらは高脂血症と関連しています。

  • 患者の膝には複数の病変が見られます。
    References Xanthoma 32965912 
    NIH
    Xanthomas は体内の脂肪沈着です。これらは通常は良性ですが、多くの場合、全身性疾患の重要な目に見える兆候です。コレステロールや脂質のレベルが高い人全員が黄色腫になるわけではありませんが、黄色腫を発見することは、これらの代謝状態の重要な兆候である可能性があります。
    Xanthomas are localized lipid deposits within an organ system. Although innately benign, they are often an important visible sign of systemic diseases. Not all patients with hyperlipidemia or hypercholesterolemia develop xanthomas. However, the presence of xanthomatous lesions can serve as a unique and important clinical indicator of these metabolic states.